漢方の視点から見る町の文化
期間  |  2019.03.14-2019.06.14

漢方医学は数千年を経て、未だに進化しています。時代の流れに合わせて変化しながら、台湾人の食衣住に大きな影響を与えており、文化の一つになっています。漢方の理論では、天地の間の万物は「薬」と考えます。展示では、自己診断のチャートも用意しており、漢方の視点からご自身に合ったアドバイスもご覧いただけます。漢方医が診察するかのように、自分の生活習慣を見直すことができます。今回の展示を通して、生薬についてもっと知っていただき、「精神と身体」のバランスを整えるきっかけをご提供いたします。

今回は、日本の建築家片桐和也氏*を迎え、漢方の生薬をアーティスティックに表現するオブジェも展示されます。出発する前に漢方の知識と世界観を知ることができる特別な空間をご提供いたします。

エバーリッチは、台湾の伝統の文化と観光の発展に関心を持ち、熱心に取り組んで参りました。意一堂と共に、台湾の伝統文化を世界中からの観光客の皆様にご紹介して参ります。

▲展示場の写真

展示場所: 台北松山空港第一ターミナルビル出国アートギャラリー
指導: 台北国際航空ステーション
主催: 財団法人昇恒昌基金会、意一堂
協賛: エバーリッチ免税店