商品のお手入れ
商品のお手入れ
日頃より弊社をご支援・ご愛顧頂き、誠に有難うございます。ご購入の商品を長くお使い頂くため、以下のお手入れ方法と使用上の注意をご案内いたします。

ブランド品

  • 高温多湿の場所での保管や水との接触は避けて下さい。誤って濡らしてしまった場合は、汚れや水シミを残さないためにも、直ちに清潔な白いコットン布で水分を拭き取ってから、自然乾燥させて下さい。

  • 色移りを避けるためにも、色の濃いもしくは色落ちしやすいデニム衣類をご着用の際に、淡色やエナメル素材の皮革製品を使用するのはできるだけお控え下さい。反対に、色の濃い皮革製品をご使用の際に、淡色系衣類を着用するのはできるだけお控え下さい。

  • 商品をしばらく使用しない場合は、収納前に柔らかい布で表面の汚れを落とし、型崩れしないようコットン紙を詰めてから収納袋に保管することで、外観をきれいな状態で長持ちさせることができます。また、長期間放置すると湿気を帯びやすく、カビが発生したり材質がもろくなったりする恐れがあるため、商品の破損を防ぐためにも、毎月定期的に使用することをお勧めします。

  • 湿気や蒸し暑さが原因の貼り付きや色移り、擦り合いによる表面の損傷やヒビ割れなどを防ぐためにも、風通しの良い場所で一つずつ収納して下さい。

  • 天然皮革は素材自身の特性から、使用するうちに表面に不規則なシワが生じたり、色落ちや表面の擦れが発生したりする可能性があります。商品を長くお使い頂くためにも、柔らかいコットン布で皮革専用クリームを定期的に表面に塗ることで、シワが目立たなくなり、柔らかさとしなやかさを取り戻すことができます。

  • 合成皮革のお勧めお手入れ方法:ツヤなし合皮の場合は、柔らかい布で表面を軽く拭き、ツヤあり合皮の場合は、清潔なコットン布に皮革専用クリームを少し取り、均一に表面に伸ばして下さい。スエードの場合は、細く柔らかい繊維のブラシで表面のホコリと汚れを落として下さい。

  • 商品を構成する材質の特性や接合方法によって、収容量に違いが出てきます。破損や接合部分が裂けるのを防ぐためにも、中身の入れすぎにはご注意ください。

アクセサリー

  • アクセサリー着用の際は、変質、コーティングの侵食、接着剤の酸化による水晶の脱落などを防ぐため、酸性・アルカリ性環境や多湿な環境での使用、化学物質との接触は避けてください。
  • 温泉、入浴、洗面、水泳、並びに大量の発汗を伴う状況で、アクセサリーを着用するのはご遠慮ください(水道水のみの入浴も同様)。
  • 『乳液、香水、整髪料』などの化学物質との接触は避けてください。香水及び整髪料の使用後は、最低5分経過してから、アクセサリーを着用するようにしてください。
  • アクセサリーは時々取り替えられるよう、多めにお持ちになることをお勧めします。また、説明に従ってお手入れを行うことで、アクセサリーをより長くお使い頂けます。同じアクセサリーを長時間着用するのはお控えください。特に暑い夏は、汗との長時間の接触により、アクセサリーのコーティングが侵食されやすくなるのでご注意ください。
  • アクセサリーを着用したまま就寝するのはお控えください。睡眠中にアクセサリーが無意識に引っ張られることで、亀裂や破損が生じる可能性があります。
  • アクセサリーを外したら、乾いた柔らかいコットン布で、金属の部分から水晶の部分までを逐一拭き、表面に付着した汗ジミや水分などの酸化を引き起こしやすい物質を拭き取ってください。また、水分や化学物質の侵入による水晶の酸化や脱落、金属の変色などを防ぐためにも、チャック袋に入れて空気との接触を避け、最後は本来のケースにしまって保管してください。
  • 普段からこまめにアクセサリーのお手入れを行うことで、酸化現象を抑えることができ、水晶部分を最大限強固に保つことができます。

サングラス

  • 食器用洗剤や専用クリーナーで汚れを落とし、水できれいに洗い流してから、柔らかいティッシュペーパーで水分を拭き取って下さい。油脂成分を含むハンドソープやボディソープなどで洗浄すると、洗剤成分の残留が原因でレンズがかすむ恐れがあるのでご注意ください。また、化学成分が含まれるものとの接触は避けて下さい。プールの水と接触させてしまった場合は、レンズの損傷や変質を防ぐためにも、直ちに水気を拭き取るようにして下さい。
  • サングラスを収納する際は、まずメガネクロスでレンズをくるむようにして下さい。ほとんどのサングラスは、左のテンプルから折りたたむようになっており、無理に右から折りたたむと、フレームに傾きや歪みが生じ、掛け心地が悪くなる恐れがあります。
  • サングラスの掛け外しは両手で行うようにして下さい。また、サングラスに重みがかかるのを防ぐため、使用しない場合は、レンズの凸面を上向きにし、ハードタイプの収納ケースにしまって下さい。
  • 樹脂レンズは熱に弱いため、光熱との接触による変色・変形を防ぐためにも、温泉、夏場の密閉された車内、浴室、サウナなどの高温の場所には置かないで下さい。
  • 長く使用していると、テンプルのネジにゆるみが生じやすくなるため、定期的にメガネ専門店でネジの締まり具合の調整とクリーニングを行うことをお勧めします。

靴類

  • 靴類は消耗品である上、衛生面への配慮から、一度着用したものは返品・交換できません。部品の損壊で修理が必要な場合は、商品を検査させて頂いた上で、有料で修理を承ります。
  • 一部の靴商品には天然素材が使われているため、湿気を帯びたり、汗をかきやすい方が着用したりすると、吸水作用により内側に色移りや色落ちが生じることがあります。
  • ラバーシューズは柔らかなPVC素材で製造されているため、亀裂の発生を防ぐためにも、着用した状態で走ったり、その他の激しい運動を行ったりしないようご注意下さい。
  • 本革素材の靴は、直射日光や雨、水洗い、化学薬品との接触を避けてお使い下さい。また、外的要素による   破損を防ぐためにも、運動・登山・霜(雪)の地面・砂地などの特殊な状況で使用するのはできるだけお控え下さい。
  • 靴が湿気を帯びてしまった場合は、清潔な乾いた布で軽く拭いてから、日陰の涼しい場所に干して下さい。高温の直射日光やドライヤーなどで乾かすのは避けて下さい。
  • 湿気や蒸し暑さが原因の貼り付きや色移り、擦り合いによる表面の損傷などを防ぐためにも、風通しの良い場所で一足ずつ収納するようにして下さい。過度な低温・高温環境は、靴の表面にヒビ割れや変色をきたす恐れがありますのでご注意ください。
  • 靴の金具部分は、時々乾いた布で拭いてお手入れを行って下さい。金具の酸化を防ぐためにも、湿度や塩分の高い場所に収納するのは避けて下さい。
  • 環境に配慮した素材を使用している商品は、長期間の保管・収納が原因で、材質がもろくなる恐れがあります。靴を長くお使い頂くためにも、毎月定期的に交代で着用することをお勧めします。
  • 環境に配慮した素材の商品が湿気を帯びてしまった場合は、乾いた布できれいに拭いてから、風通しの良い場所に収納して下さい。高温多湿の環境に放置すると、靴底が水分で分解したり、ヒビ割れで破損したりする恐れがあります。

カスタマーサービスダイヤル

この度はご支援・ご購入頂き、誠に有難うございます。商品に関する不明な点やアフターサービスに関するご相談は、下記のカスタマーサービスセンター(最寄り場所もしくはお買上げ場所のどちらも可)までお電話頂くか、もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。専門のスタッフが対応いたします。
 

カスタマーサービスセンター 電話番号 受付時間
台北都心部店 +886-800-098-668
+886-2-2502-8899 #821
08:00 - 21:00
台北松山空港 +886-2-2546-7588 09:00 - 18:00
桃園国際空港 +886-800-055-556
+886-3-398-3497
08:00 - 18:00
台中国際空港 +886-4-2615-5333 08:00 - 18:00
高雄国際空港 +886-800-805-885
+886-7-805-7527
08:00 - 17:00
金門地区 +886-800-818-568
+886-82-338-888
10:00 - 19:00