会社紹介
会社紹介
台湾に励む
素晴らしい鑑

台湾への情熱に基づいて、100% 台湾創立、経営のエバーリッチは1995年に成立し、創立してから「誠信、専門、創造、公益」という企業経営理念で、「公共奉仕を志向し、大衆へ利益をもたらすことを主旨に」の核心価値観を持ち、台湾の空港、港湾、離島に合計17処の免税店拠点でサービスを提供するエバーリッチは創立20年を超えました。

エバーリッチは専門、創造、先見性、国際化策略を長期間に運用して、台湾の空港で多種多様な創造性に富んだ公共施設を建設しました。桃園、松山、台中、高雄などの空港を含め、エバーリッチと公私協力方式の優れた表現で、多数な成功実例を作り出して、お客様に好評いただきました。

文化実力を育成
世界へ放つ

エバーリッチと店舗スタッフ全員の努力により、2018年「台湾ベストサービス」アウトレット/免税ショップ部門で金メダルを獲得しました。2015から2017まで、桃園国際空港が連続3年に世界中のお客様の投票でSkytrax「世界ベスト空港従業員」賞をいただきました。2016年は国際空港協会(ACI)の世界空港サービス品質調査に「世界規模別最優秀空港賞」と「アジア太平洋地域規模別最優秀空港賞」2冠の表彰を受けました。

「促参法」に従い、公私協力の仲間関係の協力のもと、エバーリッチは行政院公共工程「金擘賞」特優第一位を3回獲得しました。2018年、エバーリッチ董事長江松樺は積極的に全世界の旅行小売産業の発展を牽引し、フランスカンヌにおいて「空港界のオスカー」と称されるFrontier大賞「終身成就賞」を獲得しました。

大衆へ利益をもたらし
公共奉仕を志向する

エバーリッチ董事長江松樺さんは個人出資するという形で、三大公益財団法人を成立しました(エバーリッチ基金、永瑞チャリティー事業基金、江許笋文教基金)。公益の増進を長期に努力し、社会的弱者に関心を持ち、台湾観光、体育、芸術などの分野の発展を推進しています。2018年エバーリッチ董事長江松樺は第13回香港・マカオ・台湾慈善基金会の「愛心賞」を獲得しました。初心をもって社会公益活動を行うことで華人世界の重鎮であると認定されたのです。

2014年に公正な国際第三者機関の厳しい審査標準を率先して通過し、世界で一番早いGRIガイドライン第3.1版標準で認証された免税小売業になり、さらに台湾初めて通過したデパート小売業でございます。2017年に積極的にGRIガイドライン第4版標準で企業社会的責任認証をされまして、同時にISO 27001情報セキュリティとHACCP食品の安全性認証を取得しました。

最近三年間の受賞歴
2016年
仏カンヌで国際メディアの Frontier Award 「世界単一地区ベスト空港免税小売業者」大賞 (Airport Retailer of the Year : Top-achieving Single Location)。
2017年
台湾体育を長期に広め、運動選手達が世界に活躍することを支持し、教育部体育署から「体育後押し – 金賞」を受賞しました。
​財団法人台湾持続可能性エネルギー研究基金から「2017 TCSA 永續獎台湾企業持続可能性賞 – 新人持続可能性報告賞」を受賞しました。
仏カンヌで国際メディアの Frontier Award 「世界ベスト市内免税小売業者」大賞 (Border, Downtown and Non Airport Retailer of the year)。
「2017マーケティング・コミュニケーション優秀貢献賞」年度優秀台湾ブランド
2018年
「台湾ベストサービス」アウトレット/免税ショップ部門において金メダル受賞。
エバーリッチ董事長江松樺が華人世界の重鎮であると認定され、2018第13回香港・マカオ・台湾慈善基金会の「愛心賞」を獲得。
エバーリッチ董事長江松樺は公益活動に取り組み、積極的に全世界の旅行小売産業を牽引し、フランスカンヌにおいて「空港界のオスカー」と称されるFrontier大賞「終身成就賞」を獲得しました。