『内面化するボディスケープ』賴美華・李益成ダブル個展
期間  |  2019.12.31-2020.04.07

「『内面化するボディスケープ』賴美華‧李益成ダブル個展」では、南部の優秀な芸術家、賴美華氏と李益成氏が作品を共同出展します。数十年の創作経験を積み重ねてきたベテラン女性芸術家の賴氏は、出展経験が豊富で、これまで15回以上の主要個展と、数え切れないほどのグループ展への出展に招待されています。

今回出展するのは『形式の内』というシリーズ作品。「手」という過去の作品をもとに、形式の外にある「存在」の探究から、ミクロな視点による架空と真実の時空における線の「存在」の探究に転換。視覚的経験、線、光、色を通して、線の単純さ、誠実さ、変遷、歳月を紐解きます。

芸術家にとって、人生の経験と生活の軌跡はインスピレーションの宝庫です。本展では、作者が絵筆でそれぞれの命の調べを忠実に表現した28点の油絵作品が展示されます。これらの豊かで美しい芸術作品を通して、間もなく出国されるお客様に、心と芸術の美をお届けできるよう願っています。

 

展覧会名: 『内面化するボディスケープ』賴美華・李益成ダブル個展

展示期間:2019年12月31日~ 2020年04月07日

展示場所:高雄国際空港中央画廊

指導:高雄国際空港ターミナル

主催:財団法人昇恒昌基金会

協賛:昇恆昌免税店