映画から片時も離れず-李行の映画時代
期間  |  2019.11.22-2020.04.15

李行は本名を李子達といい、1930年に上海で生まれました。
青年時代は演劇に没頭し、1950年から様々な映画や舞台に次々と出演し活躍しました。1959年に台湾語映画「王哥柳哥遊台湾(王と柳、台湾を巡る)」
(2部作、張方霞・田豊と共同監督)によって映画監督の道をスタートさせ、
30年に及ぶ長い映画監督人生の中で50数本もの作品を残しました。制作現場を退いた後、李行は中国との映画文化交流の推進に積極的に取り組み、生涯を映画に捧げることを誇りとしています。李行監督はかつてこのように語っています。「道のりは長いが、ゆっくり進んで行けばいつかは辿り着く。始めたからには全うしなければならない。」
 

展示期間:2019/11/22~2020/04/15

展示会場:桃園國際空港第2ターミナル C8映画待合室

指導:桃園国際空港会社

主催:財団法人国家電影中心、エバーリッチ免税店