林潔怡テキスタイル染織アート展
期間  |  2018.09.21-2018.12.28

林潔怡はテキスタイル染織の芸術創作に打ち込み、印染の技術を応用したり、伝統芸術である藍染(のり染)による台湾藍の染布で奥深い静けさ、藍白の濃淡の変化を表現したりします。また、客家の伝統文化である藍染と油桐花、大花布を結合させ、手染め、かぎ針編み、パッチワーク、ねじり編み、飾り結び、刺繍、積層などの表現技法で、人々の日常生活にぬくもりと安らぎをもたらすタペストリーを制作します。また、スクリーン印刷、のり染、刺繍、金箔押し、印花など異なる技法を組み合わせ、印花の幾何学的トーテム模様と伝統的な染色用生地を結合させ、特殊材質を用いた技法と温かみある色彩を応用して互いにぶつかり合う対比性を表現し、伝統的天然染色の新たな思惟や創作を与えます。それに加えて「伝統文化のこだわり」というテキスタイルの織作品をデザインし、伝統文化の原点回帰によって本来の質朴さと感動を探求します。

林潔怡テキスタイル染織アート展「素朴と風雅」では、26点のテキスタイル染織アート作品を展示予定です。テキスタイルクラフト作品を通じて世界のテキスタイルクラフトとアートの交織(交錯)、交流と素晴らしさが広がることを願います。皆様、じっくりと味わい探索してみてください。

 

展示会場: 高雄国際空港中央画廊
指導: 高雄国際空港
主催: 財団法人昇恒昌基金会
後援: エバーリッチ免税店