時間のすき間-芸術家・涂皓欽創作展
期間  |  2020.04.24-2020.08.28

象徴的な彫刻作品を通して、人と人の恋愛中のやりとり、時間の移り変わりとともに変化する関係、それぞれが一人になった時の感覚を表現しています。二人の手の上に生い茂る花や植物は、感情の芽生えと熱愛中の象徴。

また、うなだれた状態で、山の中に閉じ込められている人物は、感情に対する戸惑いを表しています。

彫刻作品それぞれに、何らかの感情的状態を象徴する具体的な物が見られます。

展示期間: 2020/04/24-2021/02/26

展示会場: 桃園国際空港第一ターミナルビルA区及びA9文化画廊

指導: 桃園国際空港会社

主催: 財団法人昇恒昌基金会

後援: エバーリッチ免税店、人森工作室