最新のトピック
エバーリッチ年末イベントBe A Giver子供とお年寄りが互いに思いやり

エバーリッチトップの江松樺会長は身をもって実践し、範を示すように毎年年末に会社の有志と共に公益活動に参加しています。江会長は今年、早朝から桃園地区の恵まれない家庭を訪れ、冬を過ごすための品物や、年越しのための見舞い金を手渡し、新年のお祝いを述べました。

2階建てシャトルバス運休のお知らせ

この度の新型コロナウイルスの影響により、信義商圏から運行の2階建てシャトルバスサービスは、3月1日から4月30日までの間、全便運休とさせていただきます。

桃園空港第二ターミナルにエバーリッチの新体感スペースが誕生 「中央エリア免税店」と「4階グルメエリア」に新規オープン

エバーリッチは1年にも満たないスピードで桃園国際空港第二ターミナル免税店の第一弾改築・改装工事を終了し、2019年11月15日にめでたくオープン。多くの旅行者の注目を集め、台湾の空の玄関口と観光産業の新たなページが開かれました!

エバーリッチの自発的なエコ活動「ごみゼロリッチライフチャレンジ」が各界で大反響!

台湾の空の玄関口ともいえる空港でサービスを提供し続ける「エバーリッチ免税店」では、「公共への奉仕を志し、大衆に利益をもたらすことを旨とする」とのコア・バリューを大切にしており、「オールボランティア」の同僚たちが集まり毎年500回近いボランティア活動を自発的に行っています。今年(2019年)は地球温暖化や陸上と海洋の自然生態系といった自然環境保護の重要な課題に呼応し、4月22日の「アースデイ」から9月30日まで、5か月間におよぶ長い公益活動「ごみゼロリッチライフチャレンジ」を実施しました。同活動では台湾全土の各営業拠点から集まった約7,000人の同僚たちが台湾の北から南、花蓮・台東や離島を含む全305か所でビーチクリーン・マウンテンクリーン・街クリーンを行い、合計11,000㎏もの散乱ごみを集めるとともに、今人気のソーシャルネットワークを活用した「#Trashtag」のイベントと連動させ、リアルとバーチャルを統合させた新しい公益活動概念を確立。台湾の単一企業による公益活動として最大規模ともいえるこの「全国クリーンアップ」を成功させました。

プロモーション
芸文展示