賈茜茹の桃園空港創作展
期間  |  2019.03.22-2019.06.21

近年の創作は色と街並みの関係に関心があり、2014 年から 2018 年にかけて、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどで関連作品を展開してきました。今回は台湾に視点を戻し、その街並みを観察する過程の中で、台湾庶民料理と色の間に、ある種の対応する感覚を捉えることができました。私にとって、黄色地に赤字で中国語の文字が書かれた看板には、何とも言えない魅力があり、「美味しい、伝統的、本場の、悠久の」などのイメージのほかに、「信頼できる、歴史がある、人情味がある」といったことまで連想させてくれます。そこで、今回は「黄色」を媒介に、台湾現地の生活を表現する創作に取り組みました。廟や街角から、屋台料理、様々な日常を構成する地元の生活まで、黄色と台湾によくある道具の組み合わせにより、台湾人の生活風景を描き出します。

財団法人昇恒昌基金会は今回特別にアーティストの賈茜茹氏に出展を依頼しました。本展を通して、世界中のお客様にぜひご一緒に台湾の色を「発見」していただければと思います。

展示会場: 桃園国際空港 第一ターミナルA区A9文化画廊
指導: 桃園国際空港会社
主催: 財団法人昇恒昌基金会
共同主催: エバーリッチ免税店