【純粋常玉】史博館概念展
期間  |  2018.10.05-2019.03.29

「我々の足並みはあまりに時代遅れで、我々の体はあまりにもろく、我々の命はあまりに短い。そして時間が大波のように、一層一層ほこりを洗い流し、最後に本質の光が姿を現す。」- 常玉

国立歴史博物館は今年7月に休館し、3年間改装が行われます。「純粋常玉」史博館概念展は、芸術家がシンプルに目の前の対象を捉えた心境を解釈しています。全ての作品が最も純粋な概念の下にあり、旅行客は芸術家の背後にある作品の物語をより深く知ることができます。エバーリッチ免稅店は台湾が収蔵する重要文化の推進と結びつき、今回国立歴史博物館と共に展出世界の有名芸術テーマ展-常玉を開催します。芸術家が得意とする純粋なスタイルにより、63年の歴史を持つ史博館に一時の休息を与え、3年後の新たな姿にその純粋なスタイルを受け継いでいきます。

▲展示場の写真

展示会場: 桃園国際空港第二ターミナルビル C 区博物館ショップ
指導: 文化部、桃園国際空港会社
主催: エバーリッチ免税店
共同主催: 国立歴史博物館