葉銘油絵個展
期間  |  2018.10.04-2019.01.03

「11丁目1番地」は葉銘の自宅住所で、この青年芸術家の作品が生まれる場所でもあります。

この度の展覧会では2011から2018年にかけての作品を展示しており、創作の題材は自分自身や静物、旅行から異世界まで様々。色彩の扱いは単一色のキューブから様々なグラデーションや色が混ざり合ったものへと、日を追うごとに熟練し、画面はますます立体感を増しており、全くの独学によって繰り出されるカラフルなキューブの絶妙な組み合わせや、超現実的でありながらファンタスティックで軽快な視覚的印象が、私たちを葉銘の幻想的な世界へといざないます。アーティストの奏でるリズムに乗って、彼の創り出す世界へ冒険に出かけましょう!

▲展示場の写真

展示会場: エバーリッチ内湖旗艦店文化画廊
主催: エバーリッチ免税店
共催: 財団法人昇恒昌基金会、光之芸廊、台湾身心障礙芸術発展協会