廖堉安個展
期間  |  2018.10.03-2018.12.26

芸術家の廖堉安氏は絵画を中心に作品を制作しています。自身の人物像と心理状態を創作テーマにした作品に長けており、都会の人々の生活スタイルと交流を描いた一連の作品を展開しています。展示テーマの「漂浮恋歌」は、豊富な色彩と面白みに富んだ線の衝突により、愛を語らうテクニックを表現。人と人の交流が軽んじられる世の中になったからこそ、今を精一杯生き、一回一回のメッセージの交換と言葉のやりとりを大切にし、リアルな感情をしっかり捉えるべきであることを伝えようとしています。

▲展示場の写真

展示会場:桃園国際空港第一ターミナルビルA区及びA9文化画廊
指導:桃園国際空港会社
主催:財団法人昇恒昌基金会
共同主催:エバーリッチ免税店、巨果文創