金穂賞40周年特別展
期間  |  2018.08.16-2019.01.15

40年来、金穂賞は一貫して道を進むという精神で新鋭の人材を応援し、異なる世代、全世界の華人ショートフィルムクリエイターとの対話を奨励すると同時に、「伝承」、「革新」、「後進を引き立てる」というコンセプトを受け継いできました。金穂賞は台湾の映画製作者の非商業的長編映画、ドキュメンタリー、前衛映画、アニメの製作を奨励しています。現在「一般作品賞」、「学生団体作品賞」、「個人単体パフォーマンス賞」などの3つの賞が設けられています。

特別な意義を持つ40周年という記念の年に金穂賞を振り返り、私たちは台湾の時代の変化における社会の発展と空気を目の当たりにし、また台湾映画界の無数の優秀なクリエイターが才能を開花させる様子を見つめてきました。台湾ニューシネマの巨匠、万仁、柯一正、世界の映画界で有名なアン・リー、蔡明亮、中年世代の名監督、イー・ツーイェン、鄭文堂、鍾孟宏、周美玲、ドキュメンタリーの将、楊力州、蕭菊貞、ヒットメーカーの監督、魏徳聖、新世代の監督、林書宇、李中、さらには最近映画作品のパフォーマンスで注目を集める新鋭の監督、程偉豪、陳和榆、柯貞年など、彼らはいずれもかつて金穂賞で脚光を浴び、後に映画界で大変活躍しています。未来を見つめ、私たちは金穂賞が台湾映画により多くの新しいエネルギーを注ぎ、中国語映画の新たな境地を開拓することを期待しています。

 

展示場所: 桃園国際空港第二ターミナルビル C8台湾映画空港待合室
指導: 桃園国際空港会社
主催: 財団法人国家映画センター、エバーリッチ免税店
トロフィーの提供: 廖淑貞、黄庭輔、王希捷、黄恵偵
キュレーションチーム: 財団法人国家映画センタープロモーション班、研究開発班、コレクション班