2018 エバーリッチアートフェスティバル
期間  |  2018.07.06-2018.10.11

2018エバーリッチアートフェスティバルは、初めに台湾で暮らしていた先住民によって、葉脈のように文化が溶け込んだ生活を展示し、今世紀の文化における現代美学を表現しています。今回招いた財団法人原住民族文化事業基金が率いる現代の先住民芸術家、輔仁大学および李根在氏が表現する芸術文化は同じ土地の異なる部族が共に切り開いた道で、過去の伝統が未来を受け継ぎ、ともに台湾の芸術文化の継続する脈絡を切り開きます。)

「融合共生」融合で民族が融合し、共生とは共同生活を概念とし、地域が軸となっています。南は伝承の遡源で、平面木版画は古典的な伝統を表現し、中間は原生の変化で、平面と立体が結びついた作品は現代の生まれ変わりを表現し、北は現代の創世で、現代の新鋭のスタイリッシュなファッションで革新を表現します。その三つテーマは土地に根付いた融合共生です。

2018 エバーリッチアートフェスティバル-期間/場所

期間 場所
2018.07.06~2018.09.21 高雄国際空港 中央ギャラリー
2018.07.13~2018.10.04 台中国際空港 出国エリアKIOSK隣、景観休憩コーナー
2018.07.16~2018.10.09 台北国際空港 出国公共エリア
2018.07.20~2018.10.11 桃園国際空港
第1ターミナルビル ピクチャーウィンドウ、AエリアA9 文化ギャラリー
第2ターミナルビル 中央エリア

▲展示場の写真 (台北国際空港、桃園国際空港、台中国際空港、高雄国際空港)

指導: 桃園国際空港会社、台北国際空港、台中国際空港、高雄国際空港
主催: 財団法人昇恒昌基金会
後援: エバーリッチ免税店、輔仁大学、台湾科技大学