台湾博物館特別展
期間  |  2018.06.29-2018.10.05

国立台湾博物館は台湾で最も長く110年の歴史を持つ博物館で、昨年末に発表した21世紀常設展の第一章-台湾の発見:それは台湾博物学と博物学者の時代を再訪し、台湾博物館の起源を遡るだけでなく、さらに台湾の自然世界はどのように近代博物学で「発見」されてきたか回顧する展示です。

「絶世の万象 風采と才能の再現」の台湾博物館特別展示は、エバーリッチが博物館の展示「発見」から選んだ延長で、このテーマ概念の延長は博物館の「発見」から台湾の入口を代表する空港で、「再現」のイメージで台湾博物館を出発点にして歴史の葉脈である素晴らしい万象の絶世の風采と才能を回顧します。

▲展示場の写真

展示会場: 桃園国際空港第二ターミナルビル C 区博物館ショップ
指導: 文化部、桃園国際空港会社
主催: エバーリッチ免税店
共同主催: 国立台湾博物館