業界に貢献、公益活動に熱心!エバーリッチの江松樺董事長がFrontier Awards生涯功労賞を受賞
期間  |  2018.10.16-2019.12.31

 

Frontier 誌はトラベルリテールを専門に扱う世界で最も権威あるメディアの一つです。毎年フランスのカンヌで開催される Frontier Awards は、今年ですでに34回目を迎え、トラベルリテール業界のアカデミー賞とも呼ばれる世界のトラベルリテールブランドが目指す賞です。

エバーリッチ免税店は2年連続で「世界単一地区ベスト空港免税小売業者賞」と「世界ベスト市内免税小売業者賞」を受賞したばかりでなく、江松樺董事長は今年10月3日の Frontier Awards の表彰式において、同賞の目玉とされる「生涯功労賞(Lifetime Achievement)」を受賞。これについて主催側は、40年近い業界経験を持つ江董事長は、消費者の買い物習慣の変化と、金融、政治、環境、テクノロジーの変遷を経てもなお、終始人間本位の経営にこだわり、社員の専門知識とサービスの質の向上に努めているとコメント。また、何より貴重なのは、その公益活動への取り組みであるとし、募金に頼らない基金の設立や、すべてボランティアから成る7千名余りのスタッフ、僻地・高齢者・児童への関心とケア、環境の保護育成、国内外の急難救助など、いずれも業界全体に前向きな影響を与えており、まさに業界の模範であると述べました。

江董事長は挨拶の中で、チームの貢献、家族の支え、国内外旅行客の評価に対して感謝の言葉を述べたほか、免税店業者は架け橋として、国際ブランドを台湾に導入するだけでなく、台湾の文化クリエイティブな発想や芸術・人文の特色を、商品や公共施設を通して世界の旅行客に伝えるべきであるとも述べました。今回の「生涯功労賞」の受賞は、江董事長の長年の貢献と、台湾の空港免税店におけるエバーリッチの実績が国際的に高く評価されたことを意味しています。

 

※詳しい内容は DFNI  公式サイトをご覧ください。