企業社会責任
企業社会責任

エバーリッチ株式有限会社は主に旅行免税小売業を経営し、台湾の各国際空港と離島に販売と公共奉仕ということをご提供いたします。 1995 年の成立以來、「誠信、専門、創造、公益」という企業経営理念で、伝統文化を推進する企業の社会的責任を実践し、ひいては「公共奉仕を志向し、大衆へ利益をもたらすことを主旨に」という企業経営の中心価値観を実現し、「社会的企業、企業的社会」という優しい境界に達しようとすることでございます。

 

前述のような企業理念を果たすため、エバーリッチは政府管理機関が規定した「企業の社会的責任報告書」を公開発表すべき企業ではありませんが、 2014 年にはじめて「GRIガイドライン第3.1版」を標準にして、自発的に「2014 エバーリッチ CSR 全体業績報告書」を発行し、なおかつ公正な第三者機関 – フランス国際 BV 集団(Bureau Veritas、台湾で登記して設立した会社名は「台湾衛理国際品保検証株式有限会社」)から AA1000AS 標準で検証されました。初めて CSR 報告書の検証を通過した台湾デパート小売業者だけではなく、CSR 報告書を公開する免税小売業の世界パイオニアで、エバーリッチが自ら手本となり、社会にいい刺激を与え、企業の社会的責任を広げると公益的な使命を果たすことを証明しました。

 

今回の「2017 エバーリッチ企業の社会的責任報告書」はGRI(Global Reporting Initiative、サステナビリティに関する国際基準の策定を使命とする非営利団体)が 2013 年 5 月に発表した「GRIガイドライン第4版」と国連「グローバル・コンパクト(UNGC, UN Global Compact)」など世界のトレンドを参考して編集しました。当報告書は「GRIガイドライン第4版」を基づいて、「中核(Core)」オプションで目標に標準開示を実施しました。エバーリッチが利益関係人とのコミュニケーションを大切することと環境にやさしい基本方針とサステナビリティのある経営策略で、企業管理の透明性を増進し、同時に外部との交流を促進します。

 

当報告書について情報の公開は当社が最大限な努力を尽くし、そして各関係部門が照合と確認の上に、公開情報の正確性を確保します。当社は報告書作成と公正な第三者機関に依頼して検証した後、文書を印刷してかつデジタルファイルを企業サイトに(http://www.everrich-group.com)公布して、信憑性のあることを示す。

 

各利益関係人との交流と外部意見の聴取を円滑に進めるため、各利益関係人の皆さまからのご意見をいただければ幸いです。連絡情報は以下の通りです。

連絡情報

エバーリッチ免税店

住所: 台北市內湖區新湖二路289號

CSR 担当単位: 総経理室、公共事務室

電話: +886-2-8178-5588 ext. 572、560、566

E-mail: Service@everrich.com.tw